空手道場における寸止め空手の特徴とは

空手の道着

空手の流派について

空手道場を探すときにポイントになるのが流派です。
流派が多いと判断が難しく感じられるかもしれませんが、最初に数種類の知識を覚えておくだけで、判断しやすくなります。

空手を習得したいときに、あるいは、空手を通じて目的を達成したいときに、素手で行うのか、防具を使うのかに注目すると良いでしょう。
基本的に空手は徒手空拳ですから、素手と素足で行うのですが、全日本空手道連盟によるサポーターとスーパーセーフを用いるスタイルがあります。

正確には、全日本空手道連盟の定めたルールによる拳サポーターとスーパーセーフです。
腹当てと呼ばれる場合もあります。

体に対する防御の効果が得られますが、だからと言って全く痛くないというわけではありませんし、コツを習得するのも大切です。
全日本空手道連盟が定めているルールによって、拳サポーターとスーパーセーフあるいは腹当てが用いられますので、安全性が分かりやすくなります。

(参考)
横浜空手道場

子供に空手を習得させたいときに、もしも親が空手の未経験者の場合は、全日本空手道連盟の存在と拳サポーターとスーパーセーフを覚えておくと良いでしょう。

ポイント制によって行われる寸止め空手

全日本空手道連盟のルールと、拳サポーターとスーパーセーフあるいは腹当てが用いられるのは、ポイント制によって行われる寸止め空手を意味しています。

空手道場を探すときに、寸止め空手の名称を確認すると、どのようなスタイルかが分かりやすくなります。
寸止め空手は、全日本空手道連盟の存在と拳サポーターとスーパーセーフを用いたポイント制と覚えておくと良いでしょう。

通常の練習では、全日本空手道連盟の存在を意識する必要はありませんし、拳サポーターとスーパーセーフを着用しなくても行えます。
気軽に習得しながらも、ルールに基づくポイント制を学びたいときに、メリハリのついた効果的な実践を体験できます。

子供にルールや礼儀作法を学ばせたいときにも効果的です。
空手は防衛に優れている技術と言えますので、習得したことで性格が攻撃的になるわけではありませんから、子供に習得させるのにも有用性が高くなります。
ルールを覚える必要性から、頭脳も鍛えられます。

空手道場は、看板からだけでは判断しにくい面がありますが、寸止め空手という名称を覚えておくだけでも、日ごろの練習や訓練の様子を想像しやすくなります。

寸止め空手は、空手としての技術力を高めつつ、子供にルールを守る大切さと礼儀作法の心得を学ばせる良い機会になりますので、流派の判断で困ったときに参考にすると良いでしょう。